設備案内

設備案内

創業以来、ひろしま駅弁では衛生設備を第一に考え、設備面はもちろん、人的面さらに食材面からも万全な管理体制で『食品』の衛生管理を徹底して行っております

設備について

当社工場は、平成6年2月14日に稼動しました最新鋭の衛生設備を備えた工場です。

仕入れ→加工→盛付→仕分け→配送と、一連の食材の流れを一方通行にする事と汚染ゾーン、準汚染ゾーン、クリーンゾーンと言う部署別のゾーン管理による衛生管理及び、『ヘパフィルター』『フレンドヘルパー』によるエアーコントロール。また製造室の温度コントロール(18℃±2℃)。
非加熱食材のアルコール消毒装置。
自動フライヤー・自動卵焼機・自動魚焼機・コンボスター・蒸気式回転釜・ロータリーシェフ等の加熱装置。

1時間に60釜(1釜6kgの白米)炊飯可能の自動炊飯ライン・おにぎりロボット・すしロボット・幕の内成形機・自動包装機等、可能の限り機械化に取組み、人による二次汚染防止に努めております
加えて製造、流通、販売における徹底した温度管理も行っております。

また、平成15年9月4日社団法人日本炊飯協会によるHACCP認定を取得しております。


衛生試験室

当社では、本社工場内に衛生試験室を設けております。
試験室では、日々食材における菌検査のほか、設備面・人的面における対策、指導を定期的に行い衛生管理の徹底を行っております。

以上、衛生管理の内、広島市保健所より食品衛生証明95点の高得点を授与されています。
▲ページの先頭へ
設備案内